おはようございます。

年度末であり、消費税5%ラストという割れ目の日ですね。
消費税が3%になったのが1989年4月1日(平成元年)

消費税が5%になったのが1997年4月1日

消費税がアップすると、消費税がかからない個人間取引が活性化するだろうと前にメルマガに書きましたが、皆さんどう思いますか?

消費税が3%、5%になった時に、例えば車の個人間取引は活性化したでしょうか?活性化しませんでした。それは車の取引でも、名義変更や、車の査定という部分でその煩雑さや、不透明さがあったからです。

しかし当時と違うのは、インターネットというインフラの登場です。
頭の回転が、フェラーリーのエンジンぐらい回転する企業は、この間隙をついてビジネスを仕掛けるチャンス到来です。

ネットの不変なキーワードは”無料と安心”

車の名義変更を変更するために、行政書士などは個人でPRできる時代。低料金で発信すれば、その資格が安心につながり商売ができます。

車の不明瞭の査定と事故歴が気になる場合、カーコンビニ倶楽部では、カーコン査定というのがあって、査定と車の状態を担保してくれます。このサービスを利用して、ヤフオクで出品すれば安心が担保されます。

あとは、陸送などの部分の業者で3社が組めば、個人取引サポートサービスが完成です。

そう考えれば、家やマンション、高級ブランド品なども個人取引が盛んになると思います。そしてそれをサポートする窓口をつくることがビジネスチャンスを広げて、結局は業者に頼むこともあるかもしれませんし、その分岐点はやってみないとわからないところがあります。

そんなんで売れるんかい?と思う人がいるかもしれませんが

実際に車を見ないで、ネットが買う人がどれだけいるか・・。

”無料と安心”は永遠のテーマですね。

 

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア