各社の電子書籍リーダーがそろい、アメリカでおきたように個人が電子書籍を出す時代の足音が聞こえて来ました。すでにアマゾンでは、100円程度で個人がkindle向けに電子書籍を販売開始!個人がノウハウを提供したり、小説を簡単に書くようになってきています。小生も5,6冊買ってみましたが、100円でこのノウハウはお得みたいなものがたくさんあります。

電子書籍はアマゾンでも印税的に35%程度が収入になるようであります。 Live doorではボタンひとつでBLOGが電子書籍になる機能が実装されました。各BLOGにもそのような流れがくるでしょうね。再びBLOGも注目が戻るかもしれません。

そうでなくても電子書籍として毎年のBLOGを束ねて発行することは、楽しいことかもしれません。営利目的でなく、将来の自分の子孫のためにノウハウを残す人もいるでしょう・・そうなると人生の楽しみがひとつ増えることになるでしょう。

たかが・・BLOGで電子書籍という人もいるかもしれませんが、毎日書くというパワーが10年でも重ね電子書籍を発行すれば、素人がプロを抜いてベストセラー作家になることも有るでしょう。それは、もうアメリカがそうなっています。セルフパブリッシングが起きて・・・今は飽和的にすらなっています。

そんなこんなで・・2012年はIPADを研究していましたが。2013年は早々にKINDLEを手に入れて電子書籍を研究しています。6月くらいには個人研究の発表をやるのでお楽しみに。1冊くらい発行します。(笑)

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア