夏の高校野球 愛媛県大会の決勝!小松高校優勝
 一夜明けて、待ちに待った気持ちで(笑)愛媛新聞を読む。1行の記事がとても気になった。名将宇佐美監督が20名の選手全員を全員使いきったという客観的な記事だった。
 そこでふと思い出したのがJFL時代当時愛媛FCの監督だった石橋監督のことだった。当時石橋監督はシーズンで全選手をどこかの試合で必ず使っていた。2004年(2005年JFL優勝)のシーズンはJ2を目指していた。その中で唯一出場してなかったのが田村選手。そしてJ2を目指す最終戦でベンチに入れ、最後の最後に石橋監督は使ってきた。大丈夫か?と思う心配は無用だった、彼は渾身の気合のパフォーマンスを見せた。すごくよかった。
 その采配がいいとか、悪いとかはわからない。それでも監督が目の前の試合で、シーズンで選手全員を使いきるというのは”これは何かあるな!”と勉強になった。
 昨日の小松高校のベンチの空気はどうだっただろう?と想像する。控えの選手も俺の出番がきたら「やってやる」と自分の出番をイメージしながら準備万端だったに違いない。この空気感は地熱を高める。
 W杯オランダのファン・ハール監督も登録メンバー23名を使い切った。全員攻撃!ぜひ甲子園でもその魂を、戦い方を見せてほしい。1試合で投手5人を起用してくるチームは前例がないだろうね。ますます甲子園が楽しみです。

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア