やっと情熱大陸で紹介された「人生をアラスカに捧げた写真家・松本紀生が奇跡の一瞬を追い続ける」をDVDをN先輩から借りて見ました。
==========
情熱大陸HPより
http://www.mbs.jp/jounetsu/2014/03_23.shtml

「一度きりの人生を悔いのないように生きたいだけなんですよ」そう言い続ける写真家・松本紀生(1972年、愛媛県松山市生まれ)は、アメリカ合衆国最北端のアラスカで20年間写真を撮り続けてきた。松本が狙っている写真は北米大陸の最高峰・マッキンリーと、それを覆いつくす “赤いオーロラ”だ。松本が“赤いオーロラ”を撮るためにアラスカに滞在する期間は冬の間のおよそ50日。しかし、学術的にも貴重だと言われる“赤いオーロラ”は滅多に現れてくれない。20年間で松本が遭遇できたのは、たったの2度だけ。しかもそれは松本が望むマッキンリー山を覆いつくすようなものではなかった。
==========

 

鬱屈した人間関係の中で人は生きている。人は誰かとの関係性の中でしか生きられないと思っていた。情熱大陸をみながらアラスカの氷河の上で毎年50日滞在しオーロラを待つというのは超人的すぎる。

 

「ひとり」が日本人はそもそも苦手。海外旅行に行くのも団体旅行がやっぱり安心。国内旅行に友だちと行くのは2、3人ぐらいが心地よい。

 

人は時に人間関係の網に救われながら。時に押し込まれてコミュニケーションに限界を感じる。「うつ」になったりする人が増えてきた。引きこもっている人が、マンガやネットの世界に身を置いてしまう。芸能人が売れなくなると、薬物に手を出してしまうこともある。

 

情熱大陸を見ながら「ひとり」の世界観について考えさせられた。

 

人は「ひとり」自然や宇宙と向き合う時になにか反応が起きるに違いない。そこに何か湧き出るような自然体治癒力の源を感じてしまう。

 

インドを旅した30代のあの日を思い出す。僕はガンジス川辺でウイスキーのストレートグラスほどの器に、アツアツで甘々のチャイを飲んでいた。おびただしい数の牛が集結し悠然と水浴びをしている。その傍らでガンジス川に遺灰を流しているシーンをしばらく凝視していた。ガイドがインド(ヒンズー教)にはお墓がないのよと教えてくれた。(世界的に有名なタージマハールはお墓ですがイスラム教です。)

 

日本にお墓がない世界は考えられない。ヒンズー教は信仰心が深いにもかかわらず、墓をつくらない。墓など必要がないのだ。死ぬとその魂は肉体を離れ昇天し天に召される。ガンジス川がすべてを洗浄する。

 

日本はお墓を大事にし先祖崇拝をすることで心は安堵する。今日本人は宗教観がうすれてきている。人は「ひとり」で生まれ「ひとり」死んでいく、生き方は学校でも教えてくれるが、死に方を教えてもらう機会がない。学校で「死」について教えないのも問題で、自殺者が多いのかもしれない。

 

「ひとり」ってなんだ。

 

「ひとり」の時間はどうあるべきなんだ?

 

話は元に戻りますが、写真家・松本紀生さんは北米大陸の最高峰・マッキンリーと、それを覆いつくす“赤いオーロラ”を狙っている。20年間で松本さんが遭遇できたのは、たったの2度だけ。しかもそれはマッキンリー山を覆いつくすようなものではなかった。

 

「自分が今、いける限界まで行って、撮りたいものを追いかける。頑張った結果、美しい自然の姿を作品に出来た時、何とも言えない充足感を覚える」

 

『自分の人生を思いっきり生きているなっていう、そういう満足感がほしいんです。そのために、わざわざこんなところにきて写真を撮っているようなものなんですよ!』

 

今月その写真家・松本紀生さんのオーロラスライド・ビデオ上映。それに合わせた音楽家古佐小基史氏のハーブ演奏のイベントが有ります。

 

写真家・松本紀生さんが求める”赤いオーロラ”撮影出来てもマッキンリーが真っ黒ではダメなのだ。山が月明かりを浴びて語りかけてないと納得しない。その超人、変人的(失礼)こだわり、執念を勉強しに行ってきますね。

 

オーロラと月明かりのマッキンリー(このオーロラが赤になる奇跡見てみたい。)
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2014january/aurora/img/img_about_05.jpg

 

楽しみです、「ひとり」について考えてきます。

またメルマガで報告します。

今日はこんなところです。

 

===================
「オーロラの夕べ2」
2014年5月25日(日) 14:00 松山市総合福祉センター

情熱大陸にも出た松本紀生氏のオーロラスライド・ビデオ上映。それに合わせた音楽家古佐小基史氏のハーブ演奏。

こちらから申し込みできるようです。
https://www.facebook.com/events/761911927161050/?ref_dashboard_filter=upcoming

===================

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア