おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

久しぶり、週末に読書。

ややこしい本を読んだあと、なぜか本屋で目についた

松岡修造さんの本を読む。

日めくりカレンダーは買ってないけど(笑)

当たり前のシンプルな言葉なんだけど

とても、心が柔らかくなりました。

 

”僕はラーメン一杯でもおいしく食べる方法を編み出しています”

 

これって結構、参考になりました。

他人にとってはどうでもいいことかもしれません。(笑)

でも、おいしく食べてもらうと作り手には笑顔が生まれますよね。

果たして、受け手である私たちは何か工夫をしているのだろうか?

という疑問に突き当たります。(笑)

 

ここを磨いているのが、松岡修造さんなんでしょうね。
(くいしん坊! 万才でてますからね。)

 

食べるときのため息、うなずき、うまいと・・・鼻の穴も開くはず、目もまるく開く

特別なときは、体がブルッと震えてしまう。

解説者というのは、受け手の料理人

錦織圭の試合で「カモン ケイ」というヒトコトだけで

テレビの前が引き締まる

それと、なんだか笑えるものが満載なのが解説者として素養なのかな?
さて、その本の最後に修三さんが書いていたいたのは。

 

朝、鏡に向かって誓え!

鏡のなかのもう一人の自分に強い気持ちでしっかり伝えろ。

その呪文のワードは

「できる!できる!」

そして

「これでいいのか?」

忸怩たる思いで、やってみます。(笑)

 
 

最近、iphoneで音楽を聴くのが少し飽きてきました。

シャッフルしてきくのですが、所詮が自分のリストの曲。

やっぱり、ラジオというのは

突然いい曲が流れてきて、心を揺さぶる

すごい発電機だと思う朝です。

 

今日はこんなところです。

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア