お客様の脳に何をINPUTするのか?

先日イルジメという韓国のDVDをみていました。
師匠が剣を弟子に教えるのですが、すきあらば雑巾を投げるんですね。その雑巾をよけれたら修行が終了するんですが、弟子はいくらたってもよけれないんです。

可愛い女の子が「雑巾をウンチと思えば避けられる。」(笑)というアドバイスを与えるのですが、それで雑巾をよけられるるようになる。ドラマですから・・・といいそうですがあながちそうではないと思います。

雑巾も、ウンチも物体です。それが・・顔面にあたるというINPUTに対してOUTPUTが出ます。人間は脳で考える動物なのです。想像の動物です。ウンチの恐ろしさを誰もが経験したことがあります。(笑)

さて、お客様が商品を欲しいと思うのはどういう時でしょう?
場違いな売り込みというINPUTには拒絶反応というOUTPUTが当然出ます。そんなことはあたりまえと言いながら・・・FACEBOOkで売り込みをしている人がたくさんいます。そもそも、あなたのことや、商品への思いがわからない状態では買うはずもありません。

今一度、何を伝えるのか考えましょう。

つづく

マグ渡部

 

 

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア