おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

 
 朝地震で目が覚め、会社のサーバーは無事か出社。3時半から出社しています。地震が来る10秒前くらいに、YAHOO!の地震警報が到着。この10秒はとても大事です。エレベーターにのっていたら、すぐ外に出ましょう。(^^)

 

 

 週末のこと。名刺を交換して以来、変態な「僕のメルマガのフアン」といつも語ってくれる、就労継続支援A型事業所のM社長を訪問。(中小企業家同友会で社員さんが発表されるとのことで、オブザーバー的応援)

 

 

 小生福祉を論じるのは元来苦手。平和な国の経済を背景に、法律だけは先行し制度はでき、福祉工場のように稼働しているけど、一度稼働すると後は先細る有様は課題が満載。特に人間関係の複雑さの限界は、どこまで寛容になれるのか果てがない。商売としては、どうやれば黒字になるのか皆目検討もつかない。

 

 

 イスラム教ではバザールで働く人が、今日1万円儲けたら、そのうちの約10%の1000円位を現金で寄付するということを、25年前にイギリスのバー「シャーロック・ホームズ」でドライマティーニに酔いながらバグダットの人に聞いた。衝撃だった。貧しい人のためにバザールの中にある寺院のような場所にほぼ毎日納めるとは。「コーランには商売を頑張って、儲けたら寄付せよ」と書いてあるらしい、その寄付は主に病院に使われわれる・・と。宗教はいつも奥深く、社会のシステムの根源になっているのを世界で目の当たりにしてきた。来世ではその善行は・・・と説かれるだけで、続ける理由に確定のランプが付く。そして、そのおびただしい数の領収書をビニール袋に入れて子供に親父は何を語るのだろうか・・。アメリカではビル・ゲイツが自身の財産の1/2を寄付しようと大富豪に声がけし、何十兆円が集まっているそうだけど、寄付先が国家でなく、ビル・ゲイツ財団というのが興味深い。

 

 

 このようにどちらかというと,バクダットの父親のように少しでも金を「稼ぐ」ことで、何かに使って下さいと思うのが自分ぽい福祉の考え方に近い。福祉をボランティアでやっても、継続性と効率化という点では自信がないからでもある。長野の善光寺に行った時に賽銭箱の隣に「喜捨」と書いてあった。意味が知りたくて、社務所に行くと。「喜んで自分の持てる力を捨てる、見返りは求めない。」という意味だと教えてくれた。それから、神社仏閣では「健康に有りますように」と頼み、どうぞ何かにお役立てくださいとお賽銭を納めるようになった。しかし1万円を入れるかというとそうではない、「凡人友の会」なのだる。(笑)

 

*

 

 さて、事業所の奥に宿ったテーブルを囲み車座に座り、いろんなことを論議した。人間というのは。自分のできないことでも、考えることができる。自由な発想は、テーブル一個と一杯の酒から生まれる(笑)その事業所に通う若者とも、事業所のスタッフさんとも話をした。基本そういう時に話すことは「一番熱狂していることはなにか」の話題、たまに「女子」の話。他愛もない会話の中で「平和ぼけしすぎやろ」と何回か突っ込んでしまうのはなぜか、iphoneが誰にでも行き渡ったからか・・・(笑)。元来動物は「平和的」であり、闘うのは好きでない。自己犠牲は美しい。これに反対するつもりはない。「人を助ける仕事がしたい」「社会に貢献できる人間になりたい」いろいろアドバイスを求められても、あまりに綺麗すぎて、僕は答えは清い志をみつけられない。

 

 

 「就労継続支援A型事業所」は障害者が世にでる前の、中間的就労の場所とでもいえばいいだろうか。そこから育ち一般企業への就職の道行を応援している。A型事業所では障害者と労働契約を結んで就労の機会を提供している。そこでデータ入力や、WEB制作など、スキルに適した業務につく。運営は税金が投入されている。詳
 

 

しい数字などはきいてないけど、内職的な仕事が大部分ななかで、どこからどんだけ仕事を引っ張ってきて、この事業は収益が出ているのか?事業自体は大赤字?税金での運営となることに、ソクラテスはどう弁明するだろう。そこで働く名も知れぬ若者達の、黙々と捧げられる日々の営みと愛。自分の運命も、喜びも、悲しみも引き受けて闘う姿は胸を打ちます。だからその努力が無駄にならないように、どんな仕組みがあるのか?今度の同友会の報告できいてみたいです。

 

 

 さて、小生は最近はどうやら完全に「マイナス思考」なのです。(笑)

 

 
夢はありますか?あるんです。ただ、夢を軽々しく言葉として語ることはあまりにも安易・・。圧倒的な努力をしていつか小さな夢でもかなったら、海にでも「長年の夢がかなった」っと語りかけようと思います。(笑)だいたい夢を語るやからは、夢が叶いません。人生の砂時計が落ちるのが早いので、「自分」や「自分の楽しみ」の中に「他者」をあまり入れません。たまに、心は萎えてしまう時もあるのですが。思い出すのは暗闇の中でのできごとが多いです。会社の資金繰りが悪化した時に、友達が5万円貸してくれた義理人情に「地獄で仏」を感じ、人生捨てたもんじゃない・・と思った月末のシーンが何度も出てきます(笑)義理人情恩返しには、こだわります。(^^)

 

 
 「マイナス思考」の利点の一番イイところは、人に気に入られようと思わないことです。なにか誘われて断れない方は、一度断ってみると快感です。他者と自分を比較しないので楽です。本音の言葉で斬りかかります(笑)相手を思いやる気持ちは大切にします。感想というものには刺激的でありたいと常に思います。

 

 マイナス思考を否定する人生から、マイナス思考を肯定する人生へ

 生老病死、100%確実に死んでいく

 孤独とのデスマッチで、自分がやりたいことをやる

 いろいろ捨ててまいります。

 

 
 10月22日 障害者問題全国交流会が愛媛で開かれます。

 メルマガでも継続的に追いかけます。

 

 
今日はこんなところです。

 

 

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア