おはようございます。 クレスト渡部です。

まだ、蝉の合唱をこの夏はきいていないな・・などと考える朝です。

日曜の夜は松山の夜にでると街コン。(男500:女500で1,000名)

路上にあふれる若者。恋愛トレーニングの終わりなき疾走がつづく長い夜。(笑)

交際している人がいない、未婚男女性が5割が超えるらしい。そもそも、結婚願望時代が枯渇してきているわけで、TVドラマも結婚まで完結するまでのものがないのも寂しい。

さて今日のメルマガは短いです。(笑)

今日のテーマは、昔、居酒屋で教えてもらった。

「たい焼きの、頭と尻尾(しっぽ)は食うな。」

みなさん、たい焼きはお好きでしょうか?

本物の鯛なら”お頭”は貴重で、しっぽは食べないもの。1回でいいんで、たい焼きを食べて、頭と尻尾(しっぽ)を食べ残す経験いかがですか。そして、廻りの人から何しているのと言われ奇妙がられるのも大事。(笑)

人は一番高値を狙って株を売ったり、パチンコでも連チャンするだろうと欲が出ますよね。逆に底値でも同じことが起きる、負け続けて傷が浅いうちに手をひくことができない。頂点と底には魔物がいるんですよね。だから、たい焼きの、頭と尻尾(しっぽ)は食うな。

何かの直線に見えるものでも拡大すると、実は上下に波打っている。それは上昇気流でも下降気流でも同じ。その連続は株のチャートと似ている。

波にのるためには、小さなスパンで『頭と尻尾』をくっていると、失敗した時の痛手というケアに疲弊してしまう。

なんか、この言葉ふと思い出したんです。

毎日にベストをつくすというのは、『頭と尻尾』をくれてやって、波を感じて、波を作り出すことなんだな・・。そんなことを感じながらメルマガ書いてみました。

たい焼きの、頭と尻尾を食べない経験をしておくと妙にこのことを思い出すもん
です。(笑)

 今日はこんなところです。

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰クレストデジタルズ株式会社 CEO
ソーシャルメディア